2004年夏に結婚してロンドンで生活をはじめました。その間に出産をして初めての育児、主婦生活に奮闘。帰国後年子で次男を出産。現在育児、仕事、趣味と忙しい生活を送ってます♪


by usachan-love
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

決死のクロワッサン復習

2006年5月7日(日)

↓皆さん、お祝いの温かい言葉ありがとうございました。とっても嬉しかったです。ありがとうございます。( ̄― ̄)ゞ ポリポリ

さて、最近さぼり気味のパン作りでしたが、また気合投入、作り始めました。えぃえぃ└(`・ω・´Θ)┘”おぉぉヽ(`・ω・´Θ)ノ

3月最後の教室で習った「クロワッサン」。どこのパン屋さんにも売っていますが、中に練りこむバターシートを自分でせっせっと作らなきゃいけないのと、バターが溶けないように何度も生地を冷蔵庫で休ませなくてはいけないのと、二次発酵が時間がかかるのとで、家で復習することはないだろう、と思っていました。が、気が変わり(笑)先週ある日の朝、作ろう!!と思い立ったのです。ヾ(^^ゞ))..( シ^^)ツ フレーフレー

朝9時から材料計量開始、そのあと手捏ねで生地作り、一次発酵、その間にバターシート作り、生地を冷蔵庫で寝かす、成形(バターを生地に折り込んでいく。)、また冷蔵庫で休ませる、生地を伸ばす、これを繰り返し、三日月型(クロワッサン=三日月という意味です。)に整え、二次発酵、焼成とすべて終わったのは、なんと15時過ぎ。。。。なんと6時間以上かかりました。。。。ヽ(´ー`)ノ ふぅ~
d0008836_550582.jpg

デニッシュ系のパンは大変なんですね~。ただ日本だと、今回せっせっと作ったバターシート、市販のものが購入できるみたいなので、それを使えばちょっとは楽なのかなぁ、と思います。でもとにかく、バターが溶けて生地と一体化しないように気をつけなくてはなりません。一体化してしまったら「バター多めのバターロール」になってしまうだけですから。。。。

このクロワッサン12個作ったんですが、夫婦二人で12個消費するのは至難の業。と、伊東家の食卓の裏技クッキングで、このクロワッサンを使ったアップルパイ、というのを発見。6時間かけて作ってもったいないのだけど、このうちの6個はこのアップルパイの土台になってしまいました。
d0008836_5571827.jpg

なんだかいびつ。。。。けど家で食べるようだからいいか。。。。要するにパイ生地を一から作る代わりにこのクロワッサンを使いましょう、というだけですね。ハイ。

さて、次。「紅茶食パン」
d0008836_559046.jpg

普通の食パンに、紅茶の葉っぱを入れて、仕込み水にミルクティーを使います。ほんのり紅茶の匂いがしてこれに蜂蜜を塗って食べると最高~。(^u^ ゆだれがっ

「アップルクランブルロール」
d0008836_611569.jpg

これはうさ子の通っている教室の先生のオリジナルレシピのようです。中にカスタードクリームとりんごの甘煮が入っていて、上にクランブル(バター、砂糖、小麦粉をボロボロに混ぜたもの)をかけて焼きます。この上のボロボロ、サクサクがたまらなくおいしい!!(^<+_+) ムシャムシャ

「ラングドシャー」
d0008836_635685.jpg

教室で教えてもらえる簡単な焼き菓子の一つです。ラングドシャー=猫の舌という意味らしい。カスタードクリームなど作ったときに余る卵白をつかったクッキーです。北海道土産の「白い恋人」もこのラングドシャーの種類ですよね。

パン教室終了しました。続きを読む。
[PR]
# by usachan-love | 2006-05-07 06:48 | パン
2006年5月1日(月) ②

夏に帰国のうさ子ファミリーは最後の思い出にと、旅行強化に入ってます。(笑)

先週は、スペイン・バルセロナと一飛び~。
d0008836_65222.jpg

ロンドンはまだまだ肌寒い日が続きますが、ロンドンから飛行機で2時間のバルセロナは日中は半そでで過ごすくらいお天気も良く、太陽も眩しい。\(*T▽T*)/ワーイ

そして今回の旅の目的は、観光はさておき、スペインのタパス料理を楽しむことでした。((○(^▽^)○)) ウキウキ

日本でも最近は食べられますが、「タパス」と呼ばれる小皿料理を何種類か頼み、ビールやワイン、サングリアと一緒に楽しみます。~~旦(o^ ) イタダキマース 有名なものとしては「スペイン風オムレツ」「イカの揚げ物カラマリ」「コロッケ」「チョリソー」「オリーブの盛り合わせ」などがあり、またタパスとは別にパエリアも提供してるお店も結構あって、どれも美味でした。
d0008836_655679.jpg

デザートも期待していなかった割には、日本人の口に合う味で、クレームキャラメル(日本で言うクレームブリュレみたいなの。)やアイスクリーム、チーズケーキなどすべておいしかったです。ε= o(´~`;)o タベスギー

大体どこのレストランもテラス席を持っているので、うさ坊が多少ぐずっても大丈夫。
d0008836_663219.jpg


今回行ったレストランの一部を紹介します。
★TAPA TAPA
住所:Passeig De Gracia 44
電話:93-488-3369
カタルーニャ広場北のグラシア通りに面したタパス料理のレストラン。
テラス席有り。店内も結構広い。写真入日本語メニュー有り。

★TAPA i APAT
住所:Las Ramblas 15
電話:不明
旧市街のランブラス通りに面してる。タパス料理に加えて、パエリアも一人前から注文可。
このあたりのレストランは飲み物の値段が少々高い。味は二重丸。写真入り英語メニュー有り。

★TXAPELA(チャペラ)
住所:Passeig De Gracia8-10
電話:93-412-0289
グラシア通りに面したバスク地方風タパス料理の店。バスク地方風というのは薄切りのパンの上におつまみがのっている料理のこと。一つのサイズは小さいので、二人で行ったら15種類~20種類くらい頼むと良い。一つ1.5ユーロ前後。ベビー用のハイチェア有り。写真入日本語メニュー有り。


一応観光スポットにも行きました。続きを読む。
[PR]
# by usachan-love | 2006-05-01 08:05 | 旅行
2006年5月1日(月) ①

今秋、うさ子ファミリーに第二子となるベビーちゃんがやってきます。o(^o^o)(o^o^)o ワクワク

今回の妊娠発覚(笑)は2月末頃だったのですが、その頃はまだうさ坊は生後9ヶ月。まだまだ大変なこともあるけど生活リズムも整ってきて面白いこともたくさん、私の体調が良くて、また縁があれば、たくさんこどもが授かるといいなぁ、と思っていたので、夫婦にとっては、とっても嬉しく喜ばしいことでした。(^―^) ニコリ

とは言え冷静に考えると、赤ちゃん二人の面倒を見るわけだし、日本に帰ったら、うさ吉さんは仕事が忙しくなるし、今のように自家用車のある生活になるかどうかもわからないし、なにしろ生活環境もどうなるのかわからなく、何かと不安も多くなってきましたが、(;_; )オロオロ ( ;_;)オロオロ それでも新しい命の誕生に「期待」と「希望」の気持ちのほうが大きいので周りのアドバイスを聞きつつ、自分のペースでやっていきたいです。えぃえぃ└(`・ω・´Θ)┘”おぉぉヽ(`・ω・´Θ)ノ

↓迫りくるライバル出現にもまだ気づかず。つかまり立ちの特訓をしてるうさ坊。
d0008836_5495834.jpg

[PR]
# by usachan-love | 2006-05-01 07:57 | 妊娠&子育て
2006年4月21日(金)

久々の更新です。(。 ̄_ ̄。)ノ~~~ ドモ
イースターまでこちらに滞在した義母も満足して、日本へと帰っていきました。

母の滞在中、快くうさ坊の面倒を引き受けてくれ、私達夫婦は二人きりで、ロンドンにいる間に是非行きたいというところに行って参りました。((○(^▽^)○)) ウキウキ

その一つは本格的なアフタヌーンティー。
母が来る前から、各ホテルをリサーチ済みで、最終的な候補としてロンドンにあるホテル、
①RITZ
②SAVOY
③DORCHESTER
の三つが残り、結局色々な優先点、色々なかたのレポートを見て③DORCHESTER HOTELのアフタヌーンティーに決定しました!!
d0008836_17432323.jpg

ここはアラブの王族もご贔屓にしているホテルであえて言うならば、他の二つのホテルほど観光客ずれしてないところが良いところでもあります。

アフタヌーンティーは毎日14時半から、Ground Floorにある「The Promnade」で楽しむことが出来ます。(週末は14時半からと16時半からの二部制になってるらしい。)

このホテルで有名なのが「シャンパンアフタヌーンティー」と呼ばれるもので、通常のアフタヌーンティーに加え、ロゼシャンパンが1杯つきます。私達はせっかくなのでこれを注文。(^O^)/C□☆□D\(^_^ ) カンパーイ!

そのあと、フィンガーサイズのサンドイッチがでてきます。これが美味~★6種類くらいあったかと思うのですが、全部食べてしまうとウエイターさんが来て、どんどんお代わりを追加してくれます。パンもフィリングもあまりにおいしかったので、私もお代わり~。○ >^*)パクッ

そして、スコーンとケーキのトレイ(このホテルではいわゆる三段トレイではなくて、二段トレイでした。)一番下においてあったスコーンもプレーンとレーズン入り、冷めないようにとナプキンに挟まれてサーブされました。もちろんジャムとクロテッドクリームもたっぷりつきます。ケーキも6種類ほど。すべてのケーキがとっても上品な味で、これもスコーン、ケーキともお代わり自由。( ^o^)( ^-^)(^~^) モグモグ♪
d0008836_17452292.jpg

一緒にサーブされる紅茶もかなりの数の中から選べます。Japanese Green Teaもありました。
レストランの雰囲気、ソファの座り心地、サービスなど大満足だったんですが、さてお会計。えっと、、、、二人で90ポンドです。。。ヽ(・_・;)ノ ドッヒャー まあシャンパンもお代わりしたので追加料金とサービス料も加算されてたのですが、お茶ごときで、18000円以上????と思うかもしれませんが、「これ、日本だったら絶対馬鹿らしくて払う気にならないよね~。」物価高のロンドン。でもこれほどの値段設定でも、このレストラン、満席でした。(・.・;) メガテン・・・

別の日にはランチへ。続きを読む。
[PR]
# by usachan-love | 2006-04-21 18:19 | 外食(レストランetc)

更新お休みします。

2006年4月7日(金)

本日より、日本から母(←うさ吉さんのほうの)が遊びにやってきます。去年6月に義父母はうさ坊の顔を見にロンドンに来てくれたのですが、今回は母一人で来てくれるのです。

それに伴い、要領の悪い私は昨日よりアタフタしてます。掃除に食事のメニューに観光の計画に。。。。

よって次回の更新は4月21日(金)頃になりそうです。(希望)

↓コメントのお返事大変遅くなってすみません。目は通してるのですが、順次お返事を書いていきます。


皆さんのところにも時間を見て遊びに行きたいと思いますので、よろしくお願いします!!

また先日「イギリスから若奥様日記」のY子さん、「ココロよく、ココチよく」のcunicoさん、「ロンドンおいしい生活」のソバ子さんとパン持ち寄りオフ会を開催しました。詳細は三人がレポートしてくれてます!!

Y子さんのレポ
cunicoさんのレポ
ソバ子さんのレポ
[PR]
# by usachan-love | 2006-04-07 15:49 | 日常の様子

お役目終了~

2006年4月3日(月) ②

うさ坊がオッパイ卒業しました~!!(\Y/))'0'((\Y/)パフパフ
3月31日をもちまして「断乳」を決行したのです。簡単に言うと、「断乳」=母親の都合でオッパイを辞めること。「卒乳」=こどもがもういらないというまでオッパイをあげること。

一応、我が家は「断乳」のつもりだったのですが、そもそもなぜこの時期にもうやめちゃえ!!と思ったのか。σ◎◎¬ ホホゥ!!

①元々うさ坊は母乳に執着してない。母乳で寝かしつけるということもほとんどしたことがないし、生後間もない時からうさ吉さんに子守をお願いする時は哺乳瓶でミルクをあげていた。
②最近は離乳食(特に米!!)が大好きで、ほとんど母乳は飲まない。
③私も生後すぐのころは乳腺炎になったり、それこそお風呂場で水芸(爆)ができるくらいものすごい量だったんですが、最近はほとんど出なくなってきた。
④とにかくオッパイをわざわざ出すのが面倒だし、洋服も好きな服(ワンピースとか。)を着たくなってきた。
⑤うさ坊の歯が生えてきて、これ見よがしに乳首を思い切り噛まれる。

というわけで、最近はあまりおっぱいをあげてる意味が謎???になってきたので、エイヤ~、3月31日はキリがいい、ってことで辞めたのですが。。。。

元々オッパイに執着のないうさ坊はあっけないほどに、何事も起こりませんでした。こんなものなのか~、10ヶ月以上も母乳をあげていた母としてはちょっと悲しいです。(ノ∇・、)クスン これはうさ坊にとっては「断乳」でなくて「卒乳」だったのかなぁと。

というわけで、私も晴れて、「哺乳類動物」から「女」に戻って参りました~(笑)
d0008836_59167.jpg

↑最近、色々知恵づいてきて困ってます。男なのに、ベラベラおしゃべり好きです。
[PR]
# by usachan-love | 2006-04-03 05:09 | 妊娠&子育て

花の都

2006年4月3日(月) ①
d0008836_4552985.jpg

先週のことになりますがイタリア・フィレンツェに行ってきました。

まだまだ肌寒かったのですが、ロンドンに比べると暖かく、日本からはもちろん各国からの旅行者でゴッタ返してました~…..ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪

町の中心ドゥオーモの周りや宝石店が並ぶポンテヴェッキオ(ヴェッキオ橋)、ピッティ宮殿、ブランド街トルナヴォーニ通りなどフィレンツェは町を「かなり歩くことによって楽しむ」という特徴があります。
d0008836_4562265.jpg

イタリア料理はどれもおいしかったのですが、うさ子個人としてはイタリアンもフレンチも本場本国で食べるものより、日本で食べたほうが味もしつこくなく、繊細で好きなのですが、それでもこのフィレンツェ名物のポルチーニ茸のパスタは大・大・大満足。( ̄~; ̄)ムシャムシャ
d0008836_4581780.jpg


今回も格安航空会社RYAN AIRを利用し、往復ともフィレンツェの空港ではなくバスで1時間以上離れたPISAという町にある空港だったため、最終日はせっかくなのでピサの斜塔も見てきました。この斜塔今も傾き続けていて、倒壊防止の工事を長年やってるそう。(ノ゜。゜)ノびっくり!!
d0008836_45992.jpg


ホテル選び。続きを読む。
[PR]
# by usachan-love | 2006-04-03 05:04 | 旅行
2006年3月26日(日)

今週は気分一新、パンの復習ですよ~。ヽ(*^。^*)ノ ワ~イ
d0008836_54558.jpg

↑このてんこ盛り!!一見じゃ、「これパン?」と不思議に思うかもしれませんが、「お好み焼きパン」です。ヽ(;^o^ヽ))) (((/^o^;)/ナントー

これも教室で習ったのですが、習う前は「え~、お好み焼きパンなんて邪道だよ~。お好み焼きはお好み焼きそのものを食べた~い。」とはっきり言って、期待ゼロだったんですが。。。。これが出来上がったものを食べてみると、うん!!なかなかおいしいお惣菜パンになったわけです。(^~^)モグモグ ということで家でもさっそく作ってみたところ、うさ吉さんにも大好評。( v ̄▽ ̄)イエーイ♪ パンの具として、ネギ、コーン、ウインナーが入っていて、焼く時に、ソース、マヨネーズ、キャベツをのせて焼きます。本当においしかったので、これはリピート率高そう。

そういえば、焼きそばパンというのは昔からありますよね。ちょっと別のかたに聞いたら、なんとそのかたは日本のパン教室でたこ焼きパンというのも習ったそう。どうやら、このお好み焼きパンもただの邪道とはいえません。

d0008836_547213.jpg

↑で、またまたお惣菜パンの登場~。「ツナマヨコーンロール」です。

これはコンビニなどに絶対売られてますよね。中にツナ、コーンが入っていて、マヨネーズをかけて焼きます。これも成形が簡単で具も簡単に用意できるものばかりなので、リピート率高くなる予感。o(^o^o)(o^o^)o ワクワク

d0008836_5531688.jpg

↑作らなくては絶対食べれません。「チョココロネ」。これはコルネ型という三角錐の型がロンドンのデパートでも手に入ります。生地をコルネ型に巻きつけ焼いた後、手作りチョコカスタードクリームを中に搾り出します。これは手間もかかるのですが、もし人に出したら、「オッ!!」と驚かれることうけあいですよね。(*・0・*) ワオ

d0008836_554105.jpg

↑「チュイール」という焼き菓子。これもパン教室で教わったものです。チュイール=瓦という意味だそうで、これもその通り、曲がり具合が瓦のよう。卵白を使ったお菓子で、ココナッツ入り、アーモンド入りの2種を家では作ってみました。焼く前に薄く伸ばしていくのと、焼き上がり後、カーブをつけるのがちょっと面倒ですが、冷凍しておいた卵白を使えば、いっぺんに大量に出来上がるので、突然の来客にも対応できるそう。

お別れの季節ですね。続きを読む。
[PR]
# by usachan-love | 2006-03-26 05:36

ギリシャ料理で気分転換

2006年3月19日(日)

今週はなんだかんだと忙しく、パン作りまったくしてません。σ(・ω・`;;)ァセァセ (お菓子類は作ったんだけど。。。。)私は一週間の内、4日以上予定が入ると途端に具合が悪くなるようです。(苦笑)まあいわゆる出不精なんですね。しかも今週受けた健康診断でうさ坊の身体や成長のことなどで考えなくてはならないこともあり、ちょっとお疲れモード。(;´▽`A`` 疲れた~

というわけで調子は良くないのですが、お天気も良いし、家族でお出かけしたい気分。今日はプリームローズヒルにある、ギリシャ料理レストランにランチに出かけました。ワク“('oo')”ワク

このLEMONIAというレストラン、ロンドン在住の方々のブログでも話題になっていて、ロンドンのギリシャ料理といえば、ここ、というくいおいしいお店だそう。なにしろ、「ここの味が気に入らなければ、あなたはギリシャ料理そのものが合わないでしょう」というお店なのです。
d0008836_172122.jpg

日曜日のランチタイムは予約をするのがお勧めです。_¢(0-0ヘ)メモメモ
プリムローズヒル近辺はロンドンの中でもハイソな町。この辺もジュード・ロウやジェイミーオリバーが出没するらしいです。w(@。@;)w オウ~

お腹も満足、ちょっとは晴れ晴れとした気分で帰ってきました。やはりストレス発散は「食」に走る、ですね。(~-~;)ヾ(-_-;) オイオイ

今週は皆さんのとこにもあまり遊びにいけてないので、自分のコメントはお休みにして、皆さんのとこに出没したいと思いま~す。(⌒ ⌒)(_ _)ぺこ
[PR]
# by usachan-love | 2006-03-19 18:41 | 外食(レストランetc)
2006年3月12日(日)

おかげさまで、うさ坊を一週間閉じ込めておいたので、完全復活しました~。\(^-^)/バンザーイ\(^o^)/ ロタウイルスの間、ほとんど離乳食も食べなかったので、体重がかなり落ちてしまったんですが、回復後のリバウンドが凄いです。σ(・ω・`;;)ァセァセ  朝から食べる、食べる、パンもごはんも人が食べてると欲しがります。

さて、先日、普段からブログを通じて仲良くしてる「イギリス日常生活」のdoccaさんにお誘いしてもらい、「メモボード」を作成しました。さっそく写真を入れて使ってます。
d0008836_20271286.jpg

このメモボード、布と紙と板で作られてます。「チクチク」は一切してません。その代わり巨大で頑丈なホッチキスを使ってます。このような技法をcartonnage(カルトナージュ)と呼び、紙(カートン)を組み立てて、その上に自分の好みの素材(布・紙)で作品を仕上げていくというヨーロッパの伝統的な技術です。メモボード以外にも、ティッシュボックスや、小物入れなどもカルトナージュ技法で作られたものがあるのですが、私にとっては初めての挑戦、doccaさんと一緒にワイワイ工作してきました。ρ( ^o^)b_♪ランラン♪

写真の整理が大変だなぁ、けど、写真たてをいくつも置くのは、重厚すぎてやだなぁ、と思っていましたが、これだと布でできてるので、カジュアルな感じで、しかも軽い、なかなか重宝しそうです。doccaさんありがとうございました!!感謝( ̄人 ̄)感謝

そしてdoccaさんに「フィグ・ド・カンパーニュ」を作って行きました。最近、友達にはこれを作ることが多いです。ドライフィグ入りのパンは食べたこと無い人が多いし、フィグを練りこんでいくのとか、成形とかが簡単なので。フィグそのものは食べれない、って言う人でもこのようにパンに練りこむと大丈夫というかたが多いので。
d0008836_2038857.jpg


パーティやおもてなし用のパン。続きを読む。
[PR]
# by usachan-love | 2006-03-11 20:46 | パン